リミットレス

僕は映画も好きでして、これまで多くの映画を見てきました。その中でも印象に残る作品をご紹介させていただきます。自分の備忘録としての意味も持たせたいと思います。

あきらかにフィクションだが世の中にはこういう頭脳の持ち主はいるのではないか!?

第一回目のアーカイブはブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ出演のリミットレス(2011年/米)。ブラッドリー・クーパー演じる冴えない主人公が「NZT-48」という薬を飲むと脳の力を100%引き出せる天才になり、その力を使ってのし上がっていくという物語。

数々のピンチを頭脳によって切り抜ける様は痛快!!薬を飲むと天才になるという映画らしい映画はとてもわかりやすく素直に楽しめました。映画はあきらかにフィクションですが試行錯誤して、物事を良い方向に導くということは僕のような凡人にとっても必要なこと。

20代の頃はめんどくさいなと、困難に向き合わず放置すること多かったのですが、40歳を目前にしてこれまでの経験から、自分にとって大変だなと思うことも時間をかけて考え、あきらめず噛り付いて、毎日少しづつでも進めればいつか成し遂げれらるのではないかと考えになってきました。

*

天才と凡人の違いとは!?

同じ結果に辿りつくまでに、凡人と天才とでは答えに辿りつくまでの時間に圧倒的な差があり、天才とは効率よく考え、最小限の時間と労力で物事を進められることを指すのではないかと推測しています。

しかしながら、凡人でも時間をかけ物事に向き合うことができれば、近いところまでは行けるはず!!と自分を鼓舞して日々過ごしております。そんな考え方の変化のキッカケになったのがこの映画。

こういうザ・フィクションの世界を魅せてくれるのも映画の醍醐味。リミットレスで天才の世界をご堪能下さい。

*