本年度1回目のブラックバス釣り in 横利根川!!その結果はいかに…

僕の人生において第二の故郷といっても過言ではない稲敷市。稲敷にある横利根川のブラックバスたちと戯れるのが僕の楽しみのひとつであります。

今年は猛暑でしたが、9月になってだいぶ涼しくなったのでこれはいけると思い、現地に乗り込みましたがあいにくこの日は暑さの戻りがあり30度オーバー。

なかなか厳しい状況でしたが、この日は祝日だったためヘラ師やバサーがまあまあいらっしゃいました。

最近は釣果はあまり期待できませんが横利根川の中でも僕はこの横利根川水門付近のロケーションが好きでいつもまずはここを攻めます。

ところが、「ああ…そうだった…」

長く通っているこの横利根川ですが昨年から水草が生い茂り釣りがしずらくなっているのを忘れていました。

太陽がガンガンあたっているためか水はとてもクリア。ギルの群れは元気に泳ぎ回っているのを確認できました。

しばらく攻めているとコンコンと当たりがあります!!!がこれはギル。いくらあわせてものりません。すると対岸で攻めていたアングラーが35センチほどのバスを上げているではありませんか!!

やる気のあるバスはいるようです!!!しかしながら、暑くて人間のやる気がそぎ落ちます…気持ちがついてきません。

気分を変えるために上流に移動しようとしたら…

道が無くなっているではありませんか。草が育って藪漕ぎの必要性に迫られましたが、軽装できたため断念。ここでちょっと頭がぼーっとしてきたので休憩がてら近くで食事をしました。

ちょっと今日は難しいかもしれないという気持ちが前に来ない状態でしたが、せっかくここまできたのでロケーション重視、横利根川の次に好きな新利根川をちょっとチェックして帰ろうと移動をいたしました。

新利根川にいたってはギルすら確認できず生体反応がございません。ただ川のほとりをルアーを垂らしながら歩くだけも気分がいい。釣りって不思議なんですよね。

結局この日は1本も上げることができず、2018年は黒星スタートでしたが楽しかった!!秋のアウトドアはこれからが本番また近々バス釣りに行きたいと思います。

*