ブラックバス用の年代物のリールのハンドルノブを交換です

先々月、霞水系でブラックバスを釣ったときに使ったリールなんですが20年以上前の年代物になります。

おそらく経年劣化のせいでハンドルノブの外側の樹脂が砕け散ってしまってむき出しで使いました。

リールの機能自体はまだ何ら問題ないのですが巻きづらいは確か。どうにか直せないものかと調べると簡単に交換ができるようで早速交換用の物を取り寄せました。

ビスのカバーを引き抜くための専用ピンの付属されています。

ひっかけて引き抜くとビスが見えます。このビスを取り外せばハンドルノブも外れますので交換できます。

このリールが古すぎるためか形状的に手持ちのベアリングでは適合せず古いハンドノブの一部を切り取って適合するスペーサーにいたしました。

生まれ変わったこのリールでまた魚とりにいきますよ!

*