初場所!!芦ノ湖でブラックバス釣り

7月に小田原に用事があり近くでしたので少し足を伸ばして芦ノ湖にいってきました。

芦ノ湖は日本で最初にブラックバスが放流された伝統的なフィールドでこの地が日本のバスフィッシングのスタート地点ということになりますかね。

さて釣り場についたのが17:00くらいで日没の1時間後には釣り禁止になる芦ノ湖。

車には他の荷物が多く釣り具を積むスペースがほとんどありませんでしたのでダイワのいにしえの継竿とリールと少しのルアーで様子見をした感じになります。

水は透き通るようなクリアウォーター。ロケーションも最高でこういう地で釣り糸を垂らすとこの上ない喜びを感じます。

まずはスピナーベイトを投げるとなんと40cmくらいのバスが追ってくるではありませんか!!

しかし途中で見切られ姿が見えなくなりました。

この芦ノ湖はワームの使用が禁止なのでその後クランクベイト、シャッド、ギルロイドベイビー等巻物を中心にキャストしましたがその後反応はなく…初戦は敗退。18時過ぎに釣り場を後にしました。

その短時間の間にも30~40cmのバスが足元を泳いでいるのも確認しましたので個体数はけっこう多いような気もします。

今回はおかっぱりで釣りをしましたがボートでもやってみたいですね~
 
自宅からは2時間程かかりますがリベンジでもう一度行きたいと思います。

*